疲れをためないための生活の知識

疲れをためないための生活の知識はとても大事です。疲れをため続けていると、やがてそれはストレスとなり、大きな病気を引き起こす元になりかねません。疲れをためないためには、普段の生活で温冷浴を取り入れるとよいです。最初に水から初めて、湯、水、湯と交互に繰り返し、最後に水で終わるというやり方で、誰でも簡単にできます。初めに15~20度のシャワーで体を冷やし、次に40~42度の湯船に入ります。これを7~11回繰り返します。そうすると、血流が良くなるので、冷えや肩こりが改善されます。疲労回復効果は高く、免疫力が高まるので、風邪を引きにくくなります。また、頭がすっきりするので熟睡出来るようになります。疲れをためないためには、リンパマッサージもおすすめです。体内に流れるリンパ液は、老廃物や毒素を運ぶ役目があります。リンパマッサージすると流れを良くできるので、疲労回復につながります。
続きを読む