目の疲れの原因は?

現代人は目の疲れを抱えている方が非常に多いです。一般的に思いつくのは、PC、スマホの使い過ぎ、読書、勉強、ゲーム、TVを使うなどの目の使い過ぎが考えられます。1時間に10分程度は、遠くの風景を見たりして目を休ませるのがベストです。また、仕事で残業続きで寝不足が続けば、ゆっくり目を休める暇が無いので目の疲れの原因になります。
医学的に言うと、目の使い過ぎによる目の疲れは「眼疲労」と呼ばれています。いくら目を休めても疲れが取れなかったり、目の痛みやかすみ、頭痛などが症状として現れる場合には、「眼精疲労」が考えられます。視力が低下している場合には、近視・遠視・乱視・老眼などの矯正不良が目の疲れの原因として多いです。メガネやコンタクトの度が強すぎる過強制、逆に遠視や老眼の矯正不足も目が自分でピントを合わせようとする為、眼精疲労を起こしやすくなります。メガネやコンタクトを使っている場合には、定期的に視力検査を行って度が合わなくなっていないかを確認してもらうようにしましょう。また、左右の目の視力が極端にずれている場合にも眼精疲労の原因になります。

アスタブライトの効果